KJ法

解説

文化人類学者の川喜多次郎氏が考案した発想法。 氏がヒマラヤ探検で得られた多種多様な観察データを分析する段階で開発した。
人間は個人の経験を基にした既成概念をもっている。未知の分野について調査する際、この既成概念にあてはめて考えるしまっては、本来の意味を得ることが出来ないことになる。 間違いないのは「データこそは事実である」ということである。
この考え方を基本にして、取得したデータをカードに記入して平面上に広げ、あたかもカード自身に語らせるようにして理解に達する方法である。

KJ法と従来の方法の比較図

手順

《必要なものの準備》

  • 黒鉛筆またはペン
  • 赤・青などの色鉛筆
  • クリップ多数
  • ゴム輪多数
  • 名刺大の紙片多数(カード)
  • 図解用の半紙大の白紙
  • 原稿用紙
  • 紙切れを広げるための場所

《作業手順》

  1. テーマ設定
  2. カードづくり
    テーマに関連する情報をカードに書き込む。
  3. カード広げ
    記録した紙片を全て広げて見えるようにする。
  4. カード集め
    親近感を覚える紙片同士を集める(小グループ)。
  5. 表札作り
    集まったカードが語ろうとしていることを文章化し、表札とする。表札を上にカードをクリップ でまとめる。
  6. グループ編成
    小グループ同士で近いものを集める(中グループ化)、その表札を作る。こうして中グループから大グループへ 編成してゆく。グループ数が5〜6になるまで続ける。
  7. 空間配置
    まとめられたカード群を模造紙の上に広げ、相互の関係と意味の繋がりを掴みながら相互の位置取りを決める。
  8. 図解化
    相互の関係をマジックで矢印線などで結ぶ。
  9. 文章化
    読み取れる意味を文章にまとめる。

用途

  • 現場調査で集めた資料の整理と発想
    マーケティングなど消費者の行動データを分析するために
  • 問題解決でのグループ討議
    問題解決で意見を出し合い、何をすべきかを整理する

参考元:川喜田二郎著「発想法」(創造性開発のために) 中公新書発行 

(この項終わり)