問題解決手法の紹介と解決力をつける

MECE(ミッシー)

解説

MECEの概念図


MECE(ミッシー)とは"Mutually Exclusive Collectively Exhaustive"の略語で、「それぞれが重複することなく、 全体としてモレがない」という意味です。慣用句では「洩れなく、ダブリなく」となります。
ロジカルシンキングにおいて欠かせない思考法です。
課題に取り組む際、テーマを分類して取り組むことが一般的です。この分類化においては「全体と部分」「部分間の関係」を正しく捉えなければ なりません。MECEを使うことでクリアできます。

MECEになっていない例

次の図は通勤手段の分類です。MECEになっていない二つの状態を表しています。

漏れがある場合(左図)

分類された三つの手段以外に自転車通勤が考えられる場合です。自転車通勤を加えなくては、求める結果を得られません。「洩れはないか?」の自問により、 思考を広げることで「洩れがない」構造を達成できます。

ダブリがある場合(右図)

バス通勤は公共機関通勤の中に含まれますので、二重データが入りますので、やはり求める結果は得られません。「ダブリはないか?」の自問により、 相互の関係を調べことで、「ダブリのない」構造を達成できます

MECEになっている例

「洩れなくダブりのない」構造となっています。

使用例

    以下はビジネスで定着しているMECEです。
  • 市場の広がりである「3C+1Cの概念」:顧客、自社、競合 +流通チャネル
  • 付加価値を生み出す流れ「ビジネスシステムの概念」: 研究→開発→調達→生産→広告宣伝→流通→販売→保守サービス
  • マーケティングの要素「マーケティングの4P」: プロダクト、プライス、プロモーション、プレイス
  • 事業の位置づけ「ポートフォリオ」:花形、金の成る木、問題児、負け犬

(この項終わり)