マイクロソフトアクセスで広がる世界

基礎から学ぶ

前へ 次へ

レポートの作成

1.レポートについて

レポートはレコードの表示と印刷のためのオブジェクトです。表示・印刷で必要となる用紙サイズに合わせることや、文字サイズの設定、 罫線の組み込みなどが自在にできるようになっています。今回はレポートウイザードを使った作り方を行ってみます。

2.準備

元になるテーブルの準備しよう。ここでは下図のフィールドがある[T_名簿]を使います。

レポートのスタイルは会員(登録者)の一覧表を作成目的とし、そこには電話番号、入会年月日、会員区分を入れましょう。そして並び順もフリガナ順にしてみます。

3.作成手順

  1. データベースウインドウのオブジェクトから「レポート」を選択し、「新規作成」ボタンをクリック
  2. 「新しいレポート」作成ウインドウが表示されたら、「レポートウイザード」を選択@、基になるテーブルに「T_名簿」を指定しA、 「OK」ボタンをクリックB。
  3. 「選択可能なフィールド」@から使用する5つのフィールドを移動ボタンAで「選択したフィールド」へ移しますB。そして「次へ」をクリックC。
  4. 「グループレベル」画面は何も指定せず「次へ」をクリックします。
  5. 「並び替え」画面で、リストから「フリガナ」に指定し@、並び順の「昇順」を確認Aしたら、「次へ」ボタンをクリックB。
  6. 「印刷形式」画面でレイアウトの「表形式」を選択@、印刷の向きを「縦」を選択A、「すべてのフィールド・・・」にチェックを確認しB、「次へ」ボタンをクリックC
  7. 「スタイル」画面でスタイルを選択します。今回は「フォーマル」を選択してみました@。「次へ」ボタンをクリックA。
  8. レポート名を入れます@。今回は「R_会員リスト」としました。「レポートをプレビューする」を選択しA、「完了」ボタンをクリックB。
  9. レポートが完成し、プレビュー表示された。デザインはまとまりが悪いが、「フリガナ順」になった会員リストになっている。印刷アイコン でA4用紙に印刷が出来ます。
    しかしタイトルも含めてレイアウトが良くない状態です。次のコーナーではデザインを修正してみましょう。

ページトップへ

前へ 次へ