フォームに表示されているレコードをレポートで出力

解説

単票式フォームなら表示レコード、表形式フォームなら選択しているレコードを印刷(プレビュー)する方法。

    (要領は次の手順)
  1. 印刷用のコマンドボタンの設置
  2. コマンドボタンにプロシージャの割り当て
  3. プロシージャに印刷命令の記述
  4. where条件に選択レコードを指定

ポイントはフォームで表示されているレコードを特定すること。主キーとなっているフィールドの値 を取得すれば良い。レポートを開くときにその値を引き継いで行くことで同じレコードがレポート出力で きる。

実施例


  1. フォーム上に設置するコマンドボタン、開くレポート、主キーの名前
    • コマンドボタンの名前:[CmdPrint]
    • 開くレポートの名前:[R_台帳]
    • 主キーとなっているフィールド名:[コード番号]

  2. コマンドボタンのクリック時のプロシージャ

      Private Sub CmdPrint_Click()

        Dim stDocName As String
        Dim bango As Long

        bango = [コード番号]
        stDocName = "R_台帳"

       DoCmd.OpenReport stDocName, acPreview, , "コード番号 =" & bango

      End Sub
      
  3. これで完成

(この項終わり)