フォームの最小化と復帰

解説

複数のフォームが開かれていると、操作対象以外のフォームを操作してしまうことの間違いが起こります。 そこで使わないフォームは最小化する方法が役立ちます。
最小化するタイミングはフォーカスが他のフォームに移り、アクティブでなくなるときの「非アクティブ時イベント」が適しています。このイベントにDoCmdオブジェクトの最小化メソッド(Minimize)を使います。
また元に戻すにはメソッド(Restore)を「アクティブ時イベント」に使用します。

実施例

    (手順図)
  1. メニューフォームをデザインビューで開く(@)
  2. フォームのプロパティを表示し、「イベント」タブを選択し、「非アクティブ時」のビルダーを起動(A)
  3. 「ビルダの選択」ウインドウで「コードビルダ」を選択して「OK」をクリック(B)
  4. プロシージャにDoCmdオブジェクトのMinimizeメソッドを加える
    Private Sub Form_Deactivate()
     DoCmd.Minimize
    End Sub
  5. これで完成。フォームがフォーカスを失うと最小化します。
    フォームがフォーカスを取得した時に元に戻すイベントプロシージャも作っておきます。
    アクティブ時のイベントプロシージャ
    Private Sub Form_Activate()
     DoCmd.Restore
    End Sub

(この項終わり)