フォームの表示位置と大きさを設定する

概要

フォームを開いたときにフォームの大きさと表示位置を設定する方法です。
通常フォームのサイズはフォームのプロパティの書式タブで決まりますが、 特定の条件でフォーム開きたいときに使うと役立ちます。

設定方法

VBAで行う場合はフォームのイベントプロシージャを作り、プロシージャ内に「DoCmd」オブジェクトの「MiveSize」メソッドを記述します。

記述法
 Docmd.MoveSize[横][,縦][,幅][,高さ]
 横等の引数はtwip単位で指定します。twipは、1センチ(論理上の)が567twipです。

※マクロで行う場合はアクションに「サイズ変更」を設定し、引数に位置とサイズを数値指定します。

使用例

 次の例は、フォームを開く時に左から2センチ、上から2センチの位置に幅10センチ、高さ5センチ のフォームが開きます。

(フォームを開く時のイベントプロシージャ)
 Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
  DoCmd.MoveSize 1134,1134,5670,2835
 End Sub

(この項終わり)