マイクロソフトアクセスで広がる世界

アクセスのTIPS集

レコードの抽出−−抽出用テキストボックスを利用−−

説明

表形式のフォームで特定フィールドに含まれる語句を指定してレコードを絞り込みする方法です。
フォームのヘッダ部に非連結のテキストボックスを設けて、そこに抽出したい語句を入力します。実行ボタンをクリックすると 語句を含むレコードだけが抽出できます。これはフォームのフィルタ機能を利用した方法です。

手順

    (作成例)
  1. 次のフォームに作成してみます。レコード数は黄色枠に見るように6件があります。ここで、氏名フィールドを対象とした抽出機能を作ることにしましょう。
      フォーム名:[F_社員リスト]


  2. フォーム上にテキストボックス(黄色枠)とコマンドボタン(青色枠)を作成します。それぞれの名前を次のように付けます。
     @テキストボックスの名前:Txt_抽出   Aコマンドボタンの名前:Cmd_抽出


  3. コマンドボタンのクリック時にイベントプロシージャを作成します。
      Private Sub Cmd_抽出_Click()
      ' テキストボックス内容を保存する変数を定義
       Dim strSagasu As String
      ' テキストボックスの値を変数にいれる
       strSagasu = Me![Txt_抽出]
      ' フィルタの実行、変数を含むあいまい語を指定
       Me.Filter = "氏名 Like '*" & strSagasu & "*'"
       Me.FilterOn = True
      End Sub
  4. フォームビューで実行してみましょう。
     テキストボックスに「野」を入れて、実行ボタンをクリックしてみます。


  5. 実行結果です。フォームには「野」が含まれた、レコードしか表示されていません。

(この項終わり)