アクセスの標準メニューをVBAで使うRunCommand

アクセスの標準メニューとツールバーのコマンドををVBAで使うことが出来ます。マクロを実行するオブジェクトの 「Docmd」オブジェクトの「Runcommand」メソッドによります。使い方は「Runcommand」メソッドに定数を引数として与え ることで実行できます。下部に良く使うものを掲載しておきます。

記述の仕方

プロシージャの中に次のように記述します。Command定数は下部の表に示します。

 Docmd.RunCommand(Command定数)

Command定数の表

多くのCommand定数があります。次はその内の一部です。

  • (番号) 
  • (Ccommand定数) 
  • (実行されるの内容)
  • 1 
  • acCmdRecordsGoToNew 
  • 新しいレコードへ移動
  • 2 
  • acCmdRecordsGoToNext 
  • 次のレコードへ移動
  • 3 
  • acCmdRecordsGoToPrevious 
  • 前のレコードへ移動
  • 4 
  • acCmdRecordsGoToFirst 
  • 先頭のレコードへ移動
  • 5 
  • acCmdRecordsGoToLast 
  • 最後のレコードへ移動
  • 6 
  • acCmdSaveRecord 
  • レコードの保存
  • 7 
  • acCmdDocMaximize 
  • 開いているオブジェクトを最大化
  • 8 
  • acCmdDocMinimize 
  • 開いているオブジェクトを最小化
  • 9 
  • acCmdDocRestore 
  • 開いているオブジェクトを元のサイズに戻す
  • 10 
  • acCmdExit 
  • データベースを終了(閉じる)
  • 11 
  • acCmdClose 
  • オブジェクトを閉じる
  • 12 
  • acCmdCloseWindow 
  • ウィンドウを閉じる
  • 13 
  • acCmdDeleteRecord 
  • レコードを削除する

(この項終わり)