フォームにフレキシブルな入力ガイドを設置する

説明

フォーム上のテキストボックスなどに入力をする際、どのような書式で入力すればよいかなどの説明が あると便利です。
ここでは入力箇所によって、異なる説明文をラベルコントロールに表示します。

手順

  1. 対象とするフォームをデザイン画面で開きます。
  2. 説明文を表示するためのラベルコントロールを設置します。ここでは名前を[Lbl_Help]としました。
  3. 入力用コントロール(ここでは[Txt_日付]としました)のタグプロパティに説明文を書き込みます。
  4. [Txt_日付]テキストボックスのフォーカス取得時イベントプロシージャを作成します。
    Private Sub txt日付_Enter()
    Me.[Lbl_Help].Caption = Me.[txt日付].Tag
    End Sub
  5. [Txt_日付]テキストボックスのフォーカス喪失時イベントプロシージャを作成します。
    Private Sub txt氏名_Exit(Cancel As Integer)
    Me.[Lbl_Help].Caption = ""
    End Sub
  6. 他の入力コントロールにも同様に3項〜5項の手順で設定します。
  7. 出来たらフォームビューに切り替えて結果を見てみましょう。

(この項終わり)