再クエリでレコードが移動しないようにする方法

説明

フォームのレコードソースを再クエリする必要がある場合に、再クエリを実行すると 表示レコードが先頭に戻ってしまうことになる。やはり現在の表示レコードに自動的に戻したい。
そんな時の手段として、
@現在のレコードを一時的に記憶させる。
A再クエリする。
B記憶レコードに戻す。
この方法で実現できる。

手順

再クエリを実行させるコマンドボタンに次のプロシージャを作成します。

(プロシージャ)
Private Sub Cmd_Kosin_Click()
Dim varBm As Variant 'バリアント型の変数を指定
varBm = Me.Bookmark '現在レコードの情報を入れる
Me.Requery '再クエリの実行
Me.Bookmark = varBm '元のレコードに戻す

End Sub

(この項終わり)