マイクロソフトアクセスで広がる世界

アクセスのTIPS集

レコードの新規登録時に連番を自動的に振る

新たにレコードを登録する際に連続番号を自動的に付与する仕組みです。オートナンバーでは出来ない独自の連番を作ることができます。

    (ポイント)
  • 既に登録済みの番号の一番大きな値を取り出して「1」を加える
  • この処理にはDmax関数を使う

作成例

次の例ではフォーム上に「新規登録」ボタンを設置して行う場合です。番号ルールは4桁のテキストとしています 例:「0001」

  1. フォームの「番号」テキストボックスが連番対象(@)。
    新規登録ボタン(名前:[Cmd新規登録])を設置し(A)、イベントプロシージャを作ります。
  2. イベントプロシージャに次の処理内容を追加する。
    ・既に登録済みの番号の一番大きな値を取り出して「1」を加える
      Dmax("番号","T名簿") + 1
    ・Format関数で4ケタにする
      Format(Dmax("番号","T名簿") + 1,"0000")
    ・値を[番号]コントロールに入れる
      Me!番号 = Format(Dmax("番号","T名簿") + 1,"0000")
  3. 完成したプロシージャ
  4. フォームビューで「新規登録」ボタンをクリックすると、新規レコードに移って、連番が入っています。

    ※このテーブルには既に「0011」のレコードがあります。

(この項終わり)