マイクロソフトアクセスで広がる世界

アクセスのTIPS集

オプションボタンを使ったフォームデータの編集可否の設定

フォームに表示されているデータは大切なもの。操作ミスなどで消えてしまわないようにしたい。
とくにテキストボックスにフォーカスがあると[DEL]キーで簡単にデータが削除されてしまう。 対策として通常はフォームのデータ編集が出来ないように設定し、編集する時のみ設定を変えるようにしましょう。

    (ポイント)
  • オプションボタンで編集可否の切り替えをする
  • フォームの編集プロパティは使わない(オプションボタンも使えなくなってしまうため)
  • フォーム上のコントロールに設定を行う。

作成例

  1. フォームに「オプショングループ」を設置。名前を[Opt_編集可否]とする。
  2. 「オプションボタン」を二つ設置する。名前は一番目を[Btn_1]、次を [Btn_2]とする。オプションボタンの値は設置した順に割り当てられるので[Btn_1]が「1」、 [Btn_2]が「2」となる。
  3. オプショングループ[Opt_編集可否]の更新後処理イベントに次のプロシージャを作る

    (留意点)
    @オプションボタンの役割を決める。[Btn_1]は「編集不可」、 [Btn_2]は「編集許可」とする。
    A編集の可否はフォーム上の各コントロールについて「編集ロック」プロパティの設定を行います。

  4. オプショングループ[Opt_編集可否]の既定値を「1」に設定。各ラベルの表題も変える。
  5. これで完成。「編集許可」にしなければ「DEL」キーでも削除されない。

(この項終わり)