フォーム上のコマンドボタン配置基準について

フォーム上のボタンは配置場所を整理しましょう。フォーム内にボタンが多い場合の対策、異なるフォーム間でも 迷わないためには、ボタンを統一基準で設置することは大切です。ユーザーにストレスを与えません。

    (設置場所と区分け基準の例)
  • ヘッダ部:今のフォーム上での操作に関するボタン(検索・並び替え等)−−図の@部
  • フッタ部:フォームを離れる、別フォーム移るなどのボタン(閉じる等)−−図のA部
  • 詳細部:表示データ操作に直接つながるブタン(詳細表示等)−−図のB部

(この項終わり)