終了時に最適化する

アクセスのファイルはレコードを削除しても、ファイルのサイズは減少しません。長く使っているとファイルサイズが大きくなってしまいます。 定期的に最適化することでファイルサイズが小さく適正にできます。そこで、「終了」ボタンに加えて別に「最適化して終了」ボタンを設置しましょう。

手順

  1. コマンドボタンの設置

    次の図は通常の終了ボタンの下部に最適化して終了するコマンドボタンを追加したものです。(オレンジ枠)

  2. イベントプロシージャの作成

    コマンドボタンに作ったイベントプロシージャです。上段は「最適化して終了」ボタンに、下段は「終了」ボタンに記述されている内容です。
    SetOptionはメソッドでオプションの設定をすることができます。「Auto Compact」は最適化の設定値です。「True」「False」の設定により最適化するかどうかを指定します。

(この項終わり)