マイクロソフトアクセスで広がる世界

アクセスのTIPS集

エラー処理の基本

概要

プロシージャでエラーが発生したときの対応を決めておく必要があります。 その基本はの次の2点です。

@エラー処理のルーチンにジャンプする。ルーチンにはその後のステートメントを記載しておく。
 「On Error Goto ラベル名」 のステートメントを使います。これでエラー発生時にラベル名にジャンプします。

Aエラーメッセージを表示する。
 「MsgBox (Err.Description)」 のステートメントを使います。

※この他にエラー発生のステートメントに戻す方法やエラーを無視して次のステートメントに 移るなどの方法も考えられます。

作成例と書式

(この項終わり)