マイクロソフトアクセスで広がる世界

アクセスのTIPS集

一つの検索ボックスで複数の検索語を使う

説明

抽出する語を入れるテキストボックス@にスペースで区切って複数の抽出語を使えるようにする。 下図では検索ボックス@に「東京」「埼玉」「福岡」の語をスペースで区切っていれました。 抽出実行ボタンの結果が下部のリストです。住所フィールドのデータに含まれているレコードが抽出できています。

作り方

  1. 作成したいフォームをデザインビューで開き、フォームヘッダに検索語入力用のテキストボックスを設置@、 名前を[Txt_検索語]とします。続けてコマンドボタンを二つ設置します。一つは抽出実行用のボタンA、 名前を[Cmd_抽出実行]とし、もう一つを抽出解除用のボタンB、名前を[Cmd_抽出解除]とします。
  2. コマンドボタン[Cmd_抽出実行]のクリック時イベントに次のプロシージャを記述します。

  3. コマンドボタン[Cmd_抽出終了]のクリック時イベントに次のプロシージャを記述します。

(この項終わり)