空手の組手試合ルール

ルールを覚えて作戦に使いましょう。
イラストはJKFun 2016年10月号より抜粋しました。

(一覧に戻る)

  • 得点:3種類あります

    @有効:1ポイントが与えられます。  上段・中段への突き・打ち

    A技あり:2ポイントが与えられます。  中段蹴り

    B1本:3ポイントが与えられます。  上段蹴り、倒れた相手への突き・蹴り

  • 反則:次の二つのカテゴリ(種類)があります。

    それぞれの中で「忠告」「警告」「反則注意」「反則の段階があり「反則」になった時点で負けとなります。

    @カテゴリ1(C1):怪我につながる反則 ・過度の接触技、禁止されている部位への攻撃など

    Aカテゴリ2(C2):C1以外の反則 ・場外、掴み行為、不活動など
    ・15秒前になると、一回で反則注意になります。

  • 勝負

    @得点による勝ち
    ・8ポイント差
    ・時間終了時点でポイントの多い者
    ・同点の場合は先取点の有る者

    A判定による勝負
    ・同点で先取点がない場合で多数者が勝利

    B反則による勝負
    ・「反則」の段階で負け

(スポンサードリンク)