アルバム157 中段突きのテクニック例1 2018年6月30日

6月30日の練習模様から掲載です。
(その1 中段突きのテクニック例1)
重心を後ろ足に乗せて置いてから突く中段突きには次の狙いがあります。
・構えの時、相手は離れた位置にいると感じる
・突くときの移動が大きく取れ、突きが相手に届く
(その2 組手の戦術−フェイント−)
組手での要素にはスピード、間合い、決め力などがあり ます。これらの基本要素が向上することで得点を取れる 能力が高まりますが、全く別の必要な要素もあります。 それがフェイントです。フェイントは相手の予想を反するこ とで防御を不能にし、得点につなげます。 2018年7月06日 掲載

中段突きのテクニック例1 練習映像へ
組手の戦術−フェイント− 練習映像へ

一覧ページに戻る

(スポンサードリンク)