飛びと跳ねの組手

1月26日(木)大泉小体育館(その2 組手練習編)
今日は飛びと跳ねを使った打ち込み練習です。飛びと跳ねはこれからの競技組手ではどんどん使われるでしょう。一早く身につけましょう。
裏回し蹴りも横構えで使える技です。世界の選手が使っています。

一覧ページに戻る

構えは横向きにします。横向きの利点は相手との距離を変えやすいこと、また上体を左右に倒すことで攻防に役立ちます。正面向きの弱点は下がるときに弱いことです。
飛び・跳ねを使った攻め。大きく飛び、着地と同時に跳ねて戻ります。
跳ねて戻るところ、それぞれタイミングが異なりますが戻るときは両足が跳ねているのがダイナミックです。
中段逆突きでも同じです。大きく飛んで深く突き、着地と同時に跳ねて戻りながら引手を腰にとります。
裏回しは攻撃時のみでなく、守りでもカウンターとして有効です。相手が出てくるときに上半身を交わしながら蹴ります。
裏回し蹴り。腰を逆にひねって背中を相手に向けるように蹴ります。その際でも顔は相手に向けます。
中段突きからの上段蹴り。良く伸びた蹴りです。
飛んでの刻み突き。しっかりと体が乗り良い突きです。後ろ足の引付前に突くとさらに早い突きになります。

(スポンサードリンク)