マイクロソフトアクセスで広がる世界

基礎から学ぶ

前へ 次へ

フォーム作成(単票形式フォーム)

ここで学ぶこと
@単票式フォームの作成方法
Aフォームのデザイン表示と調整方法

1.単票形式フォームの特徴

一つのレコードのみを表示するフォームです。
・一つのレコードの多くの情報を表示するのに向いています。
・レコードの新規登録、修正、表示に使用します。

2.単票形式フォームの作成

先に作ったテーブル「T_名簿」を元に単票形式フォームを作ってみましょう。

  1. データベースウインドウでオブジェクト「フォーム」で「新規作成」をクリック
  2. 新しいフォーム作成のウインドウが表示される。基になるテーブルまたはクエリの選択で 「T_名簿」を「オートフォーム:単票形式」 を指定し「OK」ボタンをクリックする。
  3. フォームが作成された。まだデータは入っていない。まずフォームを保存しておく。 「×」ボタンで閉じる。
  4. 保存するか聞いてくるので「はい」をクリック、「名前を付けて保存」ダイアログボックスにフォーム名を「F_名簿」として「OK」ボタンをクリックする。
  5. 「F_名簿」の名前が付いたフォームが作成された。

3.テストデータの入力

テストデータを入力してみましょう。データを入れることによってフォームのデザインの調整方向 (使いやすさを向上させるための)も見えてきます。

  1. 保存したフォームを「開く」ボタンで開きます。そして各フィールドに必要事項を入力してゆきます。
  2. レコードの入力が終わったら、下部にあるレコード移動ボタンで右矢印で次の レコードに進み、次の入力をしてゆきます。こうしてレコードをどんどん保存し てゆきます。
  3. これでデータベースの基本が出来上がりです。このままでもメニューやツールバー を使って「検索」「抽出」「並べ替え」等のデータベース機能を使うことが出来ま す。ここで使い込んで馴れておくことは次のステップにもとても役立ちます。
  4. さてフォームを良くみてみると、「電話番号」コントロール(フォーム上に配置さ れているものをコントロールと呼びます)が横幅が小さくて全体が表示されていな いことがわかります。次はデザイン画面でフォームを調整してみましょう。
  5. 「×」ボタンでフォームを閉じましょう。

4.デザインの調整

  1. データベースウインドウでオブジェクト「フォーム」で[F_名簿]フォームを選択し、「デザイン」をクリック。
  2. デザイン画面になります。修正したい電話番号コントロールをクリックして選択します。
  3. ツールバーの「プロパティ」をクリックしてプロパティウインドウを表示させます。 「書式タブ」を選ぶと「幅」の項目があります。現在は1.693cmとなっているので、 2cmにしてみます。
  4. 「プロパティウインドウ」を閉じて、ツールバーの左にあるフォームビューをクリ ックしてフォーム画面に切り替えます。電話番号は全桁表示できました。
  5. 同じ方法でフォームのデザインを自由に調整して使いやすい形に調整してください。

5.フォームを閉じます

「閉じる」ボタンをクリックすると変更を保存するかを訊いてくるので「はい」を選択します。

ページトップへ

(この項終わり)

前へ 次へ