マイクロソフトアクセスで広がる世界

基礎から学ぶ

前へ 次へ

並び順を設定するクエリの作成

テーブルのレコードは並び順に関する基準がありません。そのためフォームでテーブルをレコードソースにするとレコードの並び順 が定まらず不便なフォームになってしまいます。並び順を設定したクエリでは並び順が決まります。そのクエリをフォームの レコードソースにすることにより並び順にレコード表示できます。

1.作成手順

ここではテーブル[T_名簿]を[フリガナ]フィールドで並び順設定したクエリを作成してみましょう。テーブルの表示順はレコードの追加順になっていて、利用上では不便だ。

  1. データベースウインドウでオブジェクトバーのクエリを選択し、「新規作成」ボタン をクリック
  2. 新しいクエリ画面で「デザインビュー」を選択して@、「OK」ボタンをクリックA.
  3. テーブルの表示ウインドウでテーブル[T_名簿]を選択して@、「追加」ボタンをクリックA。クエリにテーブルが追加されたら「テーブルの表示」ウインドウを閉じる
  4. クエリデザインの上部にテーブルが追加されたている。テーブルの「*」上でクリックしたまま下部の「フィールド欄」までドラッグする。(「*」は全てのフィールドを追加できる)
  5. テーブル[T_名簿]の全てのフィールドが追加された@。個別フィールドが表示されないので、[フリガナ]フィールドのみを更に追加するA。 そして二重表示とならないように「表示」チェックを外すB。最後に並び順を設定する。ここでは「昇順」にした。
  6. 閉じる「×」ボタンで名前を付けて保存する。ここでは「Q_名簿並び順」としてみた。オブジェクトバーのクエリ欄に保存したクエリが表示されている@。当該クエリを選択して 「開く」ボタンでクエリを表示させてみようA。
  7. クエリが開かれた。「フリガナ」順で「ア」から並んでいるのが確認できる。これで完成です。

ページトップへ

前へ 次へ