空手道の心武館

  • 空手道で身に付けること
  • 平成28年始動
  • 練習前の黙想
  • 第54回武徳会全国大会が7月15日(日)朝霞市総合体育館で開催されます。心武館から12名の選手 が参加します。
  • 7月14日(土)南大泉地区区民館の練習は大会会場の設営のために指導体制が取れませんので、自主トレーニングとします。
  • 猛暑期間中の空調設備のない練習場所ではTシャツ+空手衣ズボンでの練習を認めます。
  • 第2回定期昇段級審査は9月23日(日)です。

最近の活動アルバム情報

7月7日の練習模様から掲載です
始めの攻めで決まらなかった時、そこでやめてしまうのはチャンスを失うことになります。 直ぐに次の攻め技を出すようにしましょう。ここでは中段突きの後の技を練習しました。
6月30日の練習模様から掲載です
(その1)中段突きのテクニック例1
(その2)組手の戦術−フェイント−
6月14日の練習模様から掲載です
組手練習は攻め後の残心と間合い切りです。間合いを切って反撃を避ける練習です。
6月9日の練習模様から掲載です。
組手練習では連続で攻める練習でした。練習試合の模様もあります。
6月2日の練習模様から掲載です。
組手の練習試合の模様を掲載します。久しぶりの自由組手を楽しんでいました。
6月2日の練習模様から掲載です。
連続攻めのパターンを3種類練習しました。