空手道の心武館

  • 空手道で身に付けること
  • 平成28年始動
  • 練習前の黙想

心武館は小学生からシニアまで幅広い方を対象に伝統空手の教室を行っています

心武館は昭和52年4月に練馬区役所内の空手同好会として現館長の矢口信雄師範により設立され、練馬区役所職員 で活動を開始しました。同時に玄制流武徳会支部に加盟し心武館支部となりました。 その後、主体を小学生・中学生の子供対象にして、空手を楽しみながら、同時に稽古を続ける中で体の強さと心の強さ を身につけることを方針にしました。その先は人格形成に寄与することに繋がると考えています。
現在は小学生・中学生の他、一般の男女そしてシニアクラスの入会者も増え、生涯をとおして楽しめる空手教室になっています。

心武館では玄制流の指導体系による指導を行っています。伝統空手の技術習得と人格形成を基本とし、挨拶・返事・礼が きちんと出来ることが第一目標です。日常の指導では挨拶の習慣付け、基本練習、形練習、組手練習そして基礎体力強化の 組み合わせで、心武館の活動目的を目指しています。練習生は上達により昇級・昇段の審査を受けることが出来、 また武徳会大会、練馬区大会、東京都大会などに出場できます。

入会は随時、受け付けています。入会手続きは直接に教室へお越しください。ご質問、ご不明な点は電話またはEメールにて お問い合わせください。