新QC七つ道具

「QC七つ道具」(以下、QC7とする)が数値解析を主に扱うことに対して、「新QC七つ道具」(以下、NQC7とする)は言語データを扱うことを主にしています。

QC活動は製造・検査部門において行われていましたが、企業の全ての部門での改善活動が期待されTQC(Total QC)活動が展開されるようになりました。そしてTQC活動のテーマとなる企画・設計・計画等に関する改善活動に使えるツールとしてNQC7が登場しました。

企画・設計・計画等の改善活動においては、機械工作物のように長さなどの数値データがありません。取り上げるテーマは「消費者に選ばれる機能はなにか」というように言語で表わされることであり、この課題に取り組む際に使うデータも「**の機能」という言語のデータとなります。

NQC7は、この言語データを整理し、関係を図解化することに目的にしたツールとなっているのです。

新QC七つ道具のリスト

名前説明
1.連関図法複雑に絡み合う問題から重要な要因を見つける
2.親和図法混沌とした要素を構造的にまとめる情報整理法
3.系統図法目標を達成するための道順を決める
4.マトリックス図法問題の所在や形態を探ることができ、問題解決の着想が得られる
5.アローダイアグラム法プロジェクトを最短で完了させる道筋がわかる
6.マトリックスデータ解析法多数の数値データを整理する方法
7.PDPC法実行計画が頓挫しないようにあらゆる場面を想定しておく

(この項終わり)