掲載内容

今日の名言・格言

サイト案内

ビジネスや社会生活上での問題を解決するために必要な知識・技術を紹介するサイトです。
問題解決を達成するためには次の4つの要素が重要です。

基本手順を踏むこと
闇雲に行動しても正しい結果はでません。また効率よい活動にもなりません。特に最初のステップとなる 「問題の正しい把握」で誤ると解決は出来なくなります。
ツール(手法)を使うこと
先人たちが開発してくれた問題解決のための便利なツールを上手 に利用することです。このサイトでは この紹介をメインにしています。
思考技術を高めること
新しい問題には発想転換も必要です。固定観念では誤った結論に陥ります。柔軟な思考力を身に付けましょう。
実行力をつけること
如何に良いアイデアも実行しなければ役に立ちません。人間的なハートの部分でもあります。粘り強い実行への意志を保ちましょう。

更新情報

  • 「5S」手法を追加しました 2015-08-19
  • 「マインドマップ」手法を一部編集しました 2014-08-25
  • サイトのデザインを変更しました。 2012-02-08
  • 「影響力ダイアグラム」手法を内容追加しました 2010-09-01
  • 「マインドマップ」手法を追加しました 2010-02-27
  • コラムを追加しました 2010-02-22

スポンサードリンク


問題解決手法の紹介

使用目的別に分類してマークしてあります。

ページトップへ

手法名 発想
創造
意思
決定
計画
実行
調査
分析
その他 説明
マインドマップ 連想を用いてイメージ化することで、発想の拡張や思考の掘り下げと整理が出来る
デシジョンテーブル 条件の組み合わせにより処理内容を変えたいとき、この表を使えばスッキリ!
KJ法 現場に起こっていることの意味を正しく捉えたい。小さな紙片が混沌の世界から意味を導き出してくれる。
QC七つ道具 あらゆる現場に利用できる科学的改善手法。グループの力を引き出し、職場を活性化する。
新QC七つ道具 QC七つ道具は数値データを扱い、新QC七つ道具は言語データを扱うことができる。問題の構造解析など定性的テーマにはこちら。
影響力ダイアグラム 意思決定に必要な要素とその関係を明らかにできる。
デシジョンツリー 意思決定とその結果の関係を明らかにできる。
ブレーンストーミング グループの力を最大に発揮!自由な発想と連想でアイデアを引き出す。
ポートフォリオ分析 2つの指標による平面配置で戦略分析。
ピラミッドストラクチャ 観察したことから組み立てる。ゆえに説得力ある提案書・文書・主張が構築できる。
ロジックツリー 課題をツリー状にして分解して解決策にせまる。
MECE(ミッシー) ロジックツリーを支える「モレなく、ダブりなく」のチェック
アローダイアグラム 複雑な工程を含むプロジェクトの日程計画作成と完了最短時間を求める方法
PDCAサイクル 管理の基本サイクル。これなくして計画業務は達成できない。
ガントチャート プロジェクトの進捗状況が一目で分かる。
図解の基本 文章では伝えにくい情報も瞬時に伝わる。
四分円法 苦手な整理の決定版。机周りをスッキリして能力発揮
5S 効率化に欠かせない基本活動

考え方・思考技術の紹介

ページトップへ

名称 説明
ゼロベース思考 過去の方法に囚われずに、白紙の状態から考えてみること。
仮説思考法 仮説を立てて行動すること。限られた情報と時間で課題に取り組んでゆく方法。
帰納法と演繹法 実例から理論を構築する帰納法
未来を予言する演繹法
出口から考える 最終目標を基準にして逆に考えてゆくこと
5W1H 文章作法の基本だが、情報を的確に伝える基本でもある